ドッグショーとは? Reports Photographs PedigreeAward

Dog Show

「ドッグショーはイギリスで生まれました」
ドッグショーは一般に1859年にイギリスのニューカッスルで開かれたのが始まりといわれています。以後、鉄道などの輸送網の発達によって地域的スケールから全国スケールへと拡大されますが、ルールが不徹底なためトラブルが続出しました。そこで、ショーの管理、法的規制を含めたルール作りを目的とした機関:ケネルクラブが、1873年に創立され、以後ケネルクラブの管理下、全国規模のドッグショーが開催されるに至りました。ドッグショーは基本的には犬種の理想とされるスタンダードをもとに比較審査する「品評会」で、イギリスのクラフト展、アメリカのウェストミンスター展は今日の犬種の発展に大きな影響を与えていることは、世界中の愛犬家が認めているところです。犬種のスタンダードは、長い年月をかけて”ブリーダー(繁殖家)”の手によって犬種それぞれの特徴・体形・性格・被毛・毛色など、その犬種の理想像(スタンダード)が作り出されました。ブリーダーはこのスタンダードを基本に考え、より理想の犬に自分の犬を近づけるために惜しみなく時間と労力をかけ、情熱を燃やしながら繁殖を繰り返し、ドッグショーをその成果を評価してもらう場として、犬質の向上を目指してきたのです。(JKC・HPより)



「Dog Show」の種類
「本部展」「連合展」「クラブ展」「単犬種群展」「単犬種展」のように
様々な展覧会が全国各地で年間500回ほど開催されています。
主催者側の組織により審査方法や出陳頭数などが変わります。

出陳規定
1.出陳犬は、本会のクラブ会員所有のJKC登録犬(血統証明書が発行されたもの)
  に限ります。出陳申し込みは必ず性別、クラス区分、本犬名、両親犬名、
  生年月日、JKC登録番号、出陳者(所有者)、住所、氏名、会員番号を記入の
  うえお申し込み下さい。JKC登録番号の「申請中」の出陳は受け付けません。

2.外国公認団体のチャンピオン及びFCIインターナショナルビュティーチャンピオン
  はクラブ展には出陳できませんのでご注意ください。

3.出陳料/広告料
  ◎出陳料は申し込みと同時に現金書留でお支払いください。
   展覧会当日のお支払いは一切認められません。
  ◎出陳料は出陳の有無にかかわらずお返しいたしません。

4.出陳者は当日、審査開始に間に合うように会場受付にて目録、番号札を
  お受け取りください。

5.出陳犬は、20日以前1年以内の狂犬病予防注射済の犬に限ります。
  また、次の各号の一に該当する場合は出陳できません。
  万一、審査時に判定されたときは、審査の対象から除外され退場して頂くことに
  なりますが、異議の申し立てはできません。
  @咬癖のある犬、発情した犬
  Aショーにふさわしくないカット(丸刈り、ペットカット、ラップを巻いたまま等)の犬
  B皮膚病等健康上の危惧がある犬

6.出陳犬の管理等については、出陳者が責任を持って下さい。

7.ハンドラー(国外居住者を含む)は本会のクラブ会員並びにその家族とします。

8.自家繁殖犬とは、繁殖者が所有者で繁殖者から一度も名義変更されていない
  犬を指ます。
  他へ譲渡して名義変更を経てのち、再び繁殖者が所有した場合は、自家繁殖犬
  には含まれません。また、自家繁殖犬は当該年齢の自家繁殖クラスへの出陳と
  なります。クラスを選択することはできません。
  (同じ犬種が40頭以上出陳された場合は「単独システム」が組まれます。
  その場合は「自家繁殖犬」と「名義変更犬(オープン)」と分かれます。)


出陳クラス分け

出陳クラス

生年月日

ベビー
マッチショー

ベ  ビ  ー

生後4ヶ月1日〜生後6ヶ月(クラブ展のみ)

パピー
マッチショー

パ  ピ  ー

生後6ヶ月1日〜生後9ヶ月(本部展以外)

チャンピオン
シップショー

ジ ュ ニ ア

生後9ヶ月1日〜生後15ヶ月

ヤングアダルト

生後15ヶ月1日〜生後24ヶ月

ア ダ ル ト

生後24ヶ月1日〜

チャンピオン

外国公認団体のCH、及びFCIインターナショ
ナルビュティーチャンピオンは「クラブ展」には
出陳できません。


審査ポイント
純粋犬種には、犬種ごとに理想とされている標準(スタンダード)があります。
審査員はそれぞれを次の6つのポイントから審査しています。
  • タイプ
    ある犬種の特色を示す特有の質のことで、スタンダードの本質の具体化をタイプといいます。
  • クオリティー
    タイプで表現された特色(犬質)の充実度や洗練度のことを指します。
  • コンディション
    スポーツ選手がコンディションに気を配るように、犬も当日の健康状態や精神状態の調整が必要です。
  • サウンドネス
    精神的にも肉体的にも健康な状態であるか確認します。おびえたり過度に攻撃的であったり、骨格や筋肉の状態や、歯の噛み合わせが悪くてはいけません。
  • バランス
    いくら一部が秀でていても、全体の調和がとれていなければいけません。魅力的な各部のポイントが全体の感じを損なわず、かえってその犬全体を魅力的にしていることが大切です。
  • キャラクター
    ドッグショー会場の中を他の犬と歩く時でも、何か光り輝くものがある、ひときわ目立つマナーがいいというような魅力もドッグショーでは大切なことです。

審査方法

「連合展」「FCI」の場合。
審査はトーナメント方式で行われ、最初にそれぞれ同じ犬種の中から、
牡牝一頭ずつのBOB(Best Of Breed)を選出します。
次にこのBOBを獲得した犬の中から、牡牝一頭ずつ各グループの一席に
あたるBIG(Best In Group)を選出します。
そして、このBIGを獲得した犬の中から、牡の総合一席にあたるKINGと、
牝の総合一席のQUEENを選び、(2頭のリザーブも選ばれます)。
KINGとQUEENのどちらかが、その日のドッグショーの最高栄誉である
BIS(Best In Show)に輝きます。


ケアーンテリアは出陳頭数が少ない為に、
FCI展などでやっと姿が見える事が多いです。

リボン Winners
ウィナーズ
クラス代表犬(CHと闘う権利獲得犬
BOB
ベストオブブリード
犬種代表犬
グループ選に進みます。
BIG
ベストイングループ
(グループファースト)
グループ代表犬
総合審査に進みます。
G2
グループセカンド
グループ2席(連合展はこの2席まで)
G3
グループスリー
グループ3席(FCI展のみ)
G4
グループフォー
グループ4席(本部展のみ)
Reserve Queen
リザーブクイーン
全てのメスの2位
Queen
クイーン
全てのメスのNO1
BIS
ベストインショー
全ての犬種のNO1
この日のショーのNO1という名誉。


「クラブ展」の場合。
「連合展」とは違い、「グループ審査」は行いません。
「BOB」が全て並び「総合審査」が行われます。
その全ての「BOB」犬種から13頭の「EXG」を選び、
牡「KING」牝「QUEEN」を選びます。
(2頭の「リザーブQUEEN」「リザーブKING」も同時に選ばれます。

リボン Winners
ウィナーズ
クラス代表犬(CHと闘う権利獲得)犬
BOB
ベストオブブリード
犬種代表犬
総合審査へ進みます。
EXG
エクセレント
グループ
対戦相手が居ないまま、1頭1席BOBの場合が多い犬種はこの「EXG」入賞で始めてCCカードが出ます。
Reserve Queen
リザーブクイーン
全てのメスの2位
Queen
クイーン
全てのメスのNO1
BIS
ベストインショー
全ての犬種のNO1
この日のショーのNO1という名誉。

2007年7月より「クラブ展覧会」において、ベビークラス、パピークラス以外のCH審査に限り、EXG選出による総合審査方法が、FCI展同様に10グループ別審査方法に変更になります。



チャンピオンの種類

「JKC・CH」
生後9ヶ月(「J」クラス)からチャレンジできます。
クラブ展にて得られる「CC」3枚取得し、
連合展、FCI展にて得られる「MCC」最低1枚取得する。
「MCC」4枚でも可。
(同じ審査員からの取得は2枚まで認められる)
☆取得した場合、血統書上の犬名の前に「CH/年月日」と明記される。

「INT・CH」(インターナショナルビューティーチャンピオン)
「FCI展」のみで獲得できる称号です。
生後15ヶ月(「YA」クラス)から「CACIB」が有効になります。
「CACIB」カードを4枚獲得するわけですが、
4枚目が1枚目の「CACIB」獲得から366日目から有効になります。
完成まで最短でも2年越しです。
対戦相手が1匹以上居て「BOB」を獲得した場合、
または1頭1席でグループ審査へ進んだ犬種の場合は、
グループ入賞しなくては取得できません。
(ケアーンテリアの場合はグループ入賞しなくてはいけない場合が多い)
☆取得した場合、血統書上の犬名の前に「INT.CH」と明記される。
☆FCI本部のベルギーより、CACIBが届き、4枚揃った時点で申請します。


「シュープリームチャンピオン」
「クラブ展」「連合展」FCI展」にてメスは「QUEEN」以上
「オスは「KING」以上を5回獲得する。
☆血統書上に明記されませんが表彰されます。

「JCK・CH」に成る為の「CC」カードを取るには?」
初めてショーチャレンジする場合は、どの子もみんな「クラス」に成ります。
「ケアーンテリア」の場合は、なかなか出陳頭数が少ない為に、
「CH」を取得するのは難しいものなのです。
地味に全国をただひたすら回る事になるわけです♪

「CC」の交付対象「クラブ展」にて交付されます。

◎「ブリード審査」にて「クラス犬」の対戦相手が2頭以上いて、
 「ウィナーズ(クラス代表犬)」に選ばれた場合。
◎「BOB選」にて、対戦相手が2頭以上いて「BOB」を取得した場合。
☆対戦相手が2頭居ないといくら「ウィナーズ」「BOB」を取得しても「CC」は
 交付されません。
☆愛犬がクラス犬1頭で、もれなく「ウィナーズ犬」になり、「BOB選」にて「CH犬」
 に勝った場合は《オーバースペシャル》と言われ、名誉ある「BOB」ですが、
 「BOB」を取得するまでに対戦相手が1頭だったら「CC」は交付されません。

◎「BOB」入賞しても対戦相手が足りず「CC」を頂けず、「総合審査」へ進み
 「EXG」以上に入賞した場合。

「MCC」の交付対象「連合展」「FCI展」にて交付されます。

◎「ブリード選」ではクラブ展での基準と同じ。
◎「グループ選」にて、「連合展」では「BIG(1席)」「G2(次席)」入賞した場合。
 「FCI展」では「BIG(1席)」「G2(次席)」「G3(次々席)」に入賞した場合。
 (「アジアインターナショナルドッグショー」のみ「G4」まであります。)

☆新しい基準により、「MCC」が必ず1枚無いと「CH」の称号が頂けなくなり、
誰もが「連合展」「FCI展」に出陳をしなければいけない条件に成ったおかげで、
隠れて「当て馬」を使い「CH」を取得していた「悪い人」が減るように成りました。


マメ知識
◎「オーバースペシャル」=CH以外のクラス犬がCHを相手に「BOB」を獲得する事。



「Dog Show」を理解している方は大変少ないですが、
オーナーハンドラーでチャレンジしている方も多いですよ!
「連合展」ではオーナーハンドリング講習を行っていますので、
興味がある方は、挑戦してみてくださいね。